短編童話集『ふるさと』 - 杉浦淳

短編童話集 ふるさと

Add: hicatyz85 - Date: 2020-11-20 18:48:34 - Views: 5444 - Clicks: 324

短編童話集『ふるさと』 (toppu)/杉浦 淳(児童書・絵本)の最新情報・紙の本の購入はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。書店で使えるhontoポイントも貯まる。国内送料無料で、最速24時間以内出荷。. ふるさと再生 日本の昔ばなし (/01/30) 「キルラキル」一挙再放送 (/12/28) 攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Painオンエアー (/11/22) プチプチ・アニメ「白い本」再放送 年11月 (/10/27) 80年後のKENJI ~宮沢賢治21世紀映像童話集~ 短編童話集『ふるさと』 - 杉浦淳 (/09/14). 丸山, 眞男『丸山眞男集』5、岩波書店、1995年。 3.

谷村志穂短編集 : 少年の憂鬱少女の微熱 谷村志穂:原作,雁田昇:脚色. 中本建:効果,宮沢光巧:調整,佐藤司:演出.(tbs) 出演:高橋理恵子,松阪隆子,木下浩之,やまぐちしんじ,原千晴. 初放送:krラジオ図書館. 杉浦 明平(すぎうら みんぺい、1913年(大正2年)6月9日 - 年(平成13年)3月14日)は、日本の小説家、評論家。. 『立原道造と杉浦明平:往復書簡を中心として』宮本則子/編、立原道造記念館、年。 5. 「童話」 日童賞特集 昭和56年4月増刊号 日本童話会: 昭56: 800: 1: 1206 「童話」 白井三香子特集 昭和56年2月増刊号 表紙スレ、剥げ: 日本童話会: 昭56: 800: 1: 1207 「二年ブック」昭和27年2月号: センバ太郎・小川泰治・坂本牙城他挿画 1Pぬりえ部分色づけ: 秀文社.

坪田 譲治(つぼた じょうじ、1890年(明治23年)3月3日 - 1982年(昭和57年)7月7日)は、岡山県出身の児童文学 作家、日本藝術院会員。. 学生時代から友人たちに「ミンペイ」「ミンペイさん」などと呼ばれていたが、没後も「みんぺーさん」という表記が見られ愛称として定着している。 第一高等学校入学後の1931年(昭和6年)、土屋文明を訪ね、短歌雑誌アララギに入会し、約5年作歌した。アララギの歌人としての代表作に、野坂参三を歌った「延安に憧れたりしは四年前か帰り来し人の記事ぞ身にしむ」がある。1950年(昭和25年)に自費出版した『暗い夜の記念に』は戦後初めての日本浪曼派批判の書といえる。後、文学評論、短歌論、作家論、記録文学、歴史小説、ルネッサンス文学の研究、イタリヤ童話の翻訳、何れの分野も文学史に残る作品を残し、同時に、被差別部落問題、狭山事件、ハンセン病など社会の問題にも幅広く行動を起している。 書籍やレコードの蒐集家としても知られ、蔵書数は3万冊以上ともいわれるが、杉浦本人も正確には把握できないほど膨大であり、自宅前のコンクリート造りの書庫に保管していた。蔵書とレコードは自身で分類カードを作成し、検索が可能なように机の引き出しに入れていたという。 杉浦文学の全体像をとらえた「杉浦明平論」としては、『杉浦明平論:定点を生きる』(平野栄久著、オリジン出版センター、1989年)、『杉浦明平を読む』(風媒社、年)、『明平さんのいる風景:杉浦明平生前追想集』(風媒社、1999年)がある。 1. 短編童話集『ふるさと』 - 杉浦淳 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 第35回 家の光童話賞 主催ホームページ 応募要項 締め切り 年6月30日 賞 家の光童話賞(1編) 賞状、盾、賞金30万円 優秀賞(4編) 賞状、賞金各10万円 佳作(5編) 賞状、賞金各1万円 発表 『家の光. 寺田, 透「杉浦明平著「作家論」」『近代文学』第7巻第6号、近代文学社、1952年6月。 3. 菊池寛の 短編集です。但馬出石の藩士・葉田与七郎が鳥を狙って放った矢が、同藩の大石半九郎に当たって死亡したことから、果し合いの悲劇になってしまいます。この一件の傍観者であった同藩の立石伊織だが、時のはずみで荷担人になってしまいます。. 26更新 児童書が大好きな筆者が、小学校高学年の子供たちにおすすめしたい本を50冊紹介しています。名作から現代の作品までさまざまなジャンルから選びました。プレゼントや読書感想文の本選びにお役立てください。 はじめに 小学生の頃、わたしは本ばっかり読んでいた。おかげで.

聖書物語(バン・ルーン原作/槇本ナナ子:文/梁川剛一:口絵・挿絵)/イソップ寓話(イソップ原作/信田秀一:文/安泰:口絵・挿絵)/ニーベルンゲンの歌(ドイツ伝説/二反長半:文/古賀亜十夫:口絵・挿絵※)/ローランの歌(フランス叙事詩/藤原一生:文/堂昌一:口絵・さし絵)/きつね物語(フランス物語詩/井上明子:文/竹山のぼる:口絵・挿絵※)/中世騎士物語(ブルフィンチ原作/加藤輝男:訳・文/伊藤彦造:口絵・挿絵) はじめに:阿部知二 解説:上笙一郎/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:関英雄 ※「ニーベルンゲンの歌」口絵・さし絵/古賀亜十夫 「なお、本編の口絵およびさし絵は、一九二四年のベーグバイゼル版及びドライマスケン書店版によりました」 ※「きつね物語」口絵・さし絵/竹山のぼる 「なお、本編の口絵およびさし絵はパリ・スペ社版によりました。」. モノラル 46分. <グリム童話全集>1~3 小学館 1976 <グリム童話選>1~2 相良守峯訳 岩波書店 1966 →『グリム童話集』1~3 岩波書店 1984 <愛蔵版・グリムの昔話>1~3 大塚勇三訳 福音館書店 1986 『グリム童話全集』 橋本孝,天沼春樹訳 西村書店 / 他多数. 絵本・児童書在庫リスト「さ」~「の」 特に注記の無いアイテムは、全て並以上から良好の状態です。(*商品アイテムの価格は、すべて税込価格となっております。.

『杉浦明平の世界:「みんぺーさん」の記憶と魅力』田原市博物館、田原市博物館、年。 6. 越中谷利一著作集 江藤淳著作集 江藤淳著作集(続) 江戸川乱歩コレクション 江戸川乱歩推理文庫 江戸川乱歩全集 江馬修作品集 円地文子紀行文集 円地文子全集 円朝全集 遠藤周作文学全集 遠藤周作文庫 遠藤周作歴史小説集 鴎外全集 鴎外歴史文学集. タイトル 著作者等 出版元 刊行年月; ふるさと : 短編童話集: 杉浦淳 著: 新風舎:. アラビアン=ナイト(平塚武二:文/玉井徳太郎:挿絵※)/ワイナモイネン物語(『カレワラ』より 藤原一生:文/霜野二一彦:挿絵※)/ギリシア神話(田島準子:文/伊藤彦造:口絵・挿絵※)/ホメーロス物語(ホメーロス原作/山本和夫:文/池田浩彰:挿絵※) はじめに:高津春繁 解説:高津春繁/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:滑川道夫 ※「アラビアン=ナイト」さし絵/玉井徳太郎 「なお本編の口絵は、ライプチッヒ、アーベル・ミューラー社版に、その他はバートン版によりました」(200P) ※「ワイナモイネン物語」さし絵/霜野二一郎 「なお本編のさし絵は、ソビエト連邦・カレリア自治共和国国立出版所版によりました」(252P) ※「ギリシア神話」口絵・さし絵/伊藤彦造 「なお、本編の口絵およびさし絵はロンドン、ハラップ社版によりました」(378P) ※「ホメーロス物語」さし絵/池田浩彰 「なお本編のさし絵は、フレドリック・ワーン社及びマーシャル・ジョーンズ社版を参考にしました」. 内容紹介 草原に暮らす羊飼いの家族たち。その穏やかな生活のなかにある、秘められた葛藤と孤独を描く表題作「風船」のほか、仏教的世界観と近代的価値観が混じり合う現実を生きるチベットの人々をユーモラスに、幻想的に、時にリアリスティックに描いた短編6作品を掲載。. Amazonで杉浦 淳の「短編童話集『ふるさと』」 (toppu)。アマゾンならポイント還元本が多数。杉浦 淳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 3 山の女の子とは? 辞書 類語・対義語辞典 英和・和英辞典 日中中日辞典 日韓韓日辞典 古語辞典.

藤枝, 静男「正確周到に尽された描写-杉浦明平「小説渡辺華山」」『群像』第27巻第2号、講談社、1972年2月。. 1913年(大正2年)愛知県渥美郡福江村(現在の田原市折立町)で、小地主兼雑貨商の長男として生まれる。父の太平は、1963年(昭和38年)から1967年(昭和42年)に死去するまで渥美町長をつとめている。 1926年(大正15年)、愛知県豊橋中学校(現在の愛知県立時習館高等学校)を四年生修了で第一高等学校へ進学、1936年(昭和11年)東京帝国大学文学部国文学科卒業。一年下の後輩、立原道造と一高の短歌会で知り合い、共に1935年(昭和10年)同人誌「未成年」を発行。同人に寺田透、猪野謙二がいる。立原道造は、杉浦の郷里渥美の伊良湖を訪れた。立原が1939年(昭和14年)に24歳で死去した後に『立原道造全集』(全3巻、山本書店、1940年)を堀辰雄・生田勉等と編み、立原所有の蔵書整理を行った、後年には『立原道造詩集』(岩波文庫、1988年)を編集刊行した。 大学卒業後、出版社などに勤めながら、イタリア・ルネサンスの研究を続け、その成果は著書『ルネッサンス文学の研究』ほかに、『レオナルド・ダ・ヴィンチの手記』、『ルネサンス巷談集』、『ミケランジェロの手紙』翻訳や、児童文学では『ピノッキオの冒険』、『チポリーノの冒険』、『クオレ』などの訳著がある。 1944年(昭和19年)には帝国大学新聞編集員時代の友人田宮虎彦の妻子が杉浦の海岸の別宅に疎開に来ている。 第二次世界大戦中の1945年(昭和20年)4月、郷里に戻り、以後、2反5畝の農に親しみながら作家生活を送る。1946年(昭和21年)には郷里で短歌会の指導をはじめる。若い会員の中には後の日本共産党細胞の中核となった者もいた。1947年(昭和22年)、野間宏、丸山眞男、生田勉、寺田透、猪野謙二、瓜生忠夫などと「未来の会」を作り、翌年雑誌「未来」発行。1949年(昭和24年)野間宏らの推薦により日本共産党に入ったが、1961年(昭和36年)、第8回党大会に際して、野間宏・安部公房らとともに党の方針にそむく声明を出したとして、党員権停止の処分を受けた。 1952年(昭和27年)から福江町の公選教育委員、1955年(昭和30年)から渥美町の町議会議員(当選2回、1963年引退)をつとめるなど、地元の政治活動にも積極的に参加した。その時期に直接間接に見聞きしたことを元に、海苔養殖業者の利権争いと地域ボスの土着の実体をユーモアを. 野間宏「杉浦明平著「ルネサンス文学研究」評」『未来』第2号、潮流社、1948年11月。 2. リップ=バン=ウィンクル(アービング原作/大石真:訳・文/伊藤彦造:口絵・挿絵)/白鯨(メルビル原作/及川甚喜:訳・文/池田浩彰:口絵・挿絵※)/ホーソン短編集(ホーソン原作/赤井ひとみ:訳・文/若菜珪:口絵・挿絵)/アンクル=トムの小屋(ストウ夫人原作/上崎美恵子:訳・文/山中冬児:口絵・挿絵) はじめに:川端康成 解説:白木茂/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:滑川道夫 ※「白鯨」口絵・さし絵/池田浩彰 「なお本編の77, 131, 175のさし絵はアメリカ、スコット、フォーアスマン社版を参考にしました。. . 著者:上 笙一郎/与謝野晶子. ウェルズ原作/篠原雅之:訳・文/柳柊二:口絵・挿絵) はじめに:伊藤整 解説:山主敏子/表紙絵解説/伊藤廉/読書のてびき:関英雄/イギリス文学の歩み:白木茂/年表.

(1)『ブッダその人へ』 一九九六年一一月一〇日 佼成出版社刊 二六〇頁 装画・山内光日出 定価一五〇〇円 (2)『仏に会う』 一九九八年六月三〇日 NTT出版刊 二七〇頁 装幀・掘渕伸治+鳥沢智沙 定価一六〇〇円+税 (3)『ぼくの仏教入門』 一九九九年一〇月四日 ネスコ刊 二五二頁 写真・立松和平 装幀・坂田政則 定価一七〇〇円+税 (4)『仏弟子ものがたり』 二〇〇一年三月二一日 岩波書店刊 二二〇頁 装画・横松桃子 定価一八〇〇円+税 巻末に「あとがき」を付す。 (5)『あなただけの日蓮聖人』 二〇〇一年一一月一日 小学館 一二六頁 装幀・太田徹也 定価二八〇〇円+税 監修・渡辺宝陽 解説・安中尚史 (6)『あなただけの空海』 二〇〇一年一二月一日 小学館 一二六頁 装幀・太田徹也 定価二八〇〇円+税 監修・松長有慶 解説・竹内孝善 (7)『紺地金泥 般若心経』(監修書) 二〇〇二年一月一日 小学館刊 巻末に立松和平の「良薬としての般若心経」を付す。 (8)『聖徳太子――この国の原郷(まほろば)』二〇〇二年四月二五日 NHK出版刊 二七三頁 装幀・鈴木一誌 定価一六〇〇円+税 (9)『はじめて読む法華経――白い睡蓮はいかに咲くか』 二〇〇二年一〇月一三日 水書房刊 三六四頁 造本・矢野徳子+佐藤英樹 定価一八〇〇円+税 (10)『法隆寺の智慧 永平寺の心』(新潮新書) 二〇〇三年一〇月二〇日 新潮社刊 カバーデザイン・新潮社装幀室 定価六八〇円+税 (11)『ポケットのなかのお釈迦さま――捨身飼虎の物語』二〇〇三年一〇月二六日 白竜社刊 一三七頁 装幀・菊地信義 定価一〇〇〇円+税 (12)『道元という生き方』 二〇〇三年一一月三〇日 春秋社刊 二四五頁 装幀・芦澤泰偉 定価一八〇〇円+税 巻末に「あとがき」を付す。 (13)『遊行』 二〇〇四年一月三〇日 佼成出版社刊 二一七頁 装画・横松桃子 装幀・緒方徹 定価一四〇〇円+税 (14)『ブッダ――この世で一番美しいものがたり』 二〇〇四年八月六日 PHP研究所刊 二六〇頁 装幀・石間淳 定価一五〇〇円+税 巻末に「あとがき」を付す。 (15)『ブッダの道の歩き方』(対談 相手・アルボムッレ・スマナサーラ) 二〇〇六年一一月二〇日 サンガ刊 二五一頁 装幀・重原隆 定価一六〇〇円+税 (16)『芭蕉の. 3 モモちゃん、ありがとうとは? 辞書 類語・対義語辞典 英和・和英辞典 日中中日辞典 日韓韓日辞典 古語辞典. Amazonで間中 ケイ子, 皿海 達哉, 杉浦 範茂の【5~6年生】カリカリ症候群 (読書リレー3)。アマゾンならポイント還元本が多数。. (1)『途方にくれて』(短編集) 一九七八年五月一〇日 集英社刊 二四二頁 装画・鈴木翁二 ・装幀・菊池信義 定価八五〇円 (2)『今も時だ』(短編集) 一九七八年八月一五日 国文社刊 二一六頁 装画・関根伸夫 装幀・三嶋典東 定価一〇〇〇円 (3)『ブリキの北回帰線』(長編) 一九七八年八月二二日 冬樹社刊 一七三頁 装幀・高麗隆彦 定価九〇〇円 (4)『火の車』(短編集) 一九七九年二月一四日 集英社刊 二三七頁 写真・菊地仁 装幀・菊地信義 定価八五〇円 (5)『たまには休息も必要だ』(短編集) 一九七九年八月一〇日 集英社刊 一九一頁 装幀・菊地信義 定価七八〇円 巻末に「後記」を付す。 (6)『光匂い満ちてよ』(長編) 一九五九年一〇月一〇日 新潮社刊 二三五頁 装幀・荒川じんぺい 定価八五〇円 帯(裏)に篠田一士、川村二郎、金子昌夫、日野啓三の短評を付す。 (7)『閉じる家』(長編) 一九七九年一〇月一五日 文藝春秋刊 二一一頁 装幀者不明 定価一二〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (8)『火遊び』(短編集) 一九八〇年二月二〇日 集英社刊 二三九頁 装幀・荒川じんぺい 定価八五〇円 巻末に「この世のどこにもない土地―あとがきにかえて」を付す。 (9)『遠雷』(長編) 一九八〇年六月五日 河出書房新社刊 二七一頁 装画・吉田勝彦 装幀・菊地信義 定価一二〇〇円 (10)『冬の真昼の静か』(短編集) 一九八〇年一一月三〇日 角川書店刊 二一四頁 装幀・澤田重隆 定価九八〇円 (11)『歓喜の市』(上下 長編) 一九八一年八月一〇日 集英社刊 (上)二八六頁(下)二六二頁 装画・遠藤彰子「街」 装幀・田村義也 定価上下とも九八〇円 (上)の帯(裏)に桶谷秀昭、川村二郎、篠田一士の短評を付す。 (12)『雨月』(短編集) 一九八一年一〇月一五日 平凡社刊 二五七頁 装幀・三嶋典東 定価一二〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (再版)一九九一年一月三一日 阿部出版刊 二四七頁 装画・平澤重信 装幀・中島かほる 定価一五〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (13)『太陽の王』(長編) 一九八二年二月二〇日 新潮社刊 二三八頁 装幀・赤坂三好 定価一一〇〇円 (14)『野のはずれの神様』(短編集) 一九八二年六月二五日 河出書房新社刊 二二五頁 装幀・荒川じんぺい 定価. (1)『ヤポネシアの旅』 一九八六年一二月一六日 主婦の友社刊 四三七頁 装幀・清水正巳 定価一八〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (2)『アジア混沌紀行』 一九八七年六月三〇日 筑摩書房刊 三七七頁 装幀者不明 定価一六〇〇円 (3)『雲を友として――こころと感動の旅』 一九八七年八月二五日 テレビ朝日刊 二五九頁 装幀・吉井俊春 定価一五〇〇円 巻末に「あとがき――旅を語る装置」を付す。 (4)『旅に棲んで――ヤポネシア純情紀行』 一九八七年一二月一〇日 毎日新聞社刊 三九六頁 装幀・荒川じんぺい 定価一六〇〇円 (5)『太平洋巡礼』(フォト紀行文集) 一九九〇年四月一日 日本交通公社刊 二五四頁 捨身・立松和平 装幀・三村淳 定価一八〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (6)『浦島太郎の馬鹿――旅の書きおき』 一九九〇年一〇月二五日 マガジンハウス刊 二五一頁 装幀・河合良之 定価一四〇〇円 (7)『象に乗って』 一九九〇年四月一〇日 毎日新聞社刊 三一七頁 装幀・戸田ツトム 定価一四〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (8)『ヤポネシア讃歌』 一九九〇年六月一五日 講談社刊 二六一頁 カバー写真・山之上雅信 装幀・スタジオ・ギヴ 定価一二〇〇円 金松に「地下鉄という感覚――後記にかえて」を付す。 (9)『野生の水――ヤポネシア水紀行』 一九九一年一〇月三〇日 スコラ刊 二九九頁 カバー写真・立松和平 装幀・矢島高光 巻末に「祈りの水――あとがきにかえて」を付す。 (10)『悲しみの地平線――ナミビア紀行』 一九九二年五月六日 テレビ朝日刊 装幀・荒川じんぺい 定価一六〇〇円 巻末に「旅のあとで」を付す。 (11)『渡良瀬有情』(フォトエッセイ) 一九九二年七月二五日 東京新聞出版局刊 写真・東京新聞写真部 構成・米山郁夫 定価二〇〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (12)『立松和平の実りの旅』(フォト紀行文集) 一九九三年一月二六日 PHP研究所刊 写真・山城寿美雄 デザイン・池田昌代 定価一五〇〇円 巻末に「旅の終わりに」を付す。 (13)『アジア河紀行――水の曼荼羅をいく』 一九九三年二月二五日 佼成出版社刊 二一三頁 造本・矢野徳子+島津デザイン事務所 定価一五〇〇円 (14)『楽園物語――麗しの太平洋紀行』(フォト紀行文集) 一九九三年七月二〇日 青春出版. 小田切, 秀雄「杉浦明平著「現代日本の作家」」『文学』第24巻第12号、岩波書店、1956年12月。 4. シェークスピア物語(ラム姉弟原作/永井鱗太郎:訳・文/吉田郁也:口絵・挿絵※)/黄金の川の王さま(ラスキン原作/大平よし子:訳・文/若菜珪:口絵・挿絵)/トム=ブラウンの学校生活(ヒューズ原作/後藤楢根(※楢は旧字体):訳・文/輪島清隆:口絵・挿絵)/ブレイク詩 バイロン詩(蔵原伸二郎:訳)/ばらと指輪(サッカレー原作/大平よし子:訳・文/若菜珪:口絵・挿絵)/クリスマス=カロル(ディケンズ原作/平井芳夫:訳・文/山中冬児:口絵・挿絵)/オリバー=ツイスト(ディケンズ原作/及川甚喜:訳・文/霜野二一彦:口絵・挿絵) ※扉では「ブレイク詩 バイロン詩」「トム=ブラウンの学校生活」の順で記載されている。 はじめに:中野好夫 解説:白木茂/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:滑川道夫 ※「シェークスピア物語」口絵・さし絵/吉田郁也 「なお、本編の37, 113ページのさし絵は、ロンドン、キャッセル社版によりました」(132P). 杉浦家の墓のある共同墓地 2.

掲載作品一覧 (01/01) 東北メガテン 第十一話『とぴあ / 石上キル夫の失踪』 (07/22). ロビン=フッドの冒険(イギリス民話/内野富男:訳・文/池田浩彰:挿絵※)/フランダースの犬(ウィーダ原作/田島準子:訳・文/霜野二一彦:挿絵)/ふしぎの国のアリス(キャロル原作:藤原一生:訳・文/矢車涼:挿絵※)/黒馬物語(シュウエル原作/鶴田知也:訳・文/奈良葉二:挿絵※) はじめに:本多顕彰 解説:本多顕彰/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:滑川道夫 ※「ロビン=フッドの冒険」さし絵/池田浩彰 「なお本編のさし絵の服装その他は、ロンドン、ハーパー兄弟商会版を参考にしました」(162P) ※「ふしぎの国のアリス」さし絵/矢車涼 「なお本編の口絵およびさし絵は、ロンドン・ワードロック版によりました」(330P) ※「黒馬物語」さし絵/奈良葉二 「なお本編の色刷口絵および337, 353, 361, 379, 387, 415, 428, 437, 477の絵はロンドン・ワーウィック・レーン版によりました。」(479P). See full list on hirokouji. ソロモンの洞窟(ハガード原作/花岡大学:訳・文/吉田郁也:挿絵・口絵※)/ボートの三人男(ジェローム原作/森いたる:訳・文/松田みのる:口絵・挿絵)/シャーロック=ホームズの冒険(コナン・ドイル原作/梶竜雄:訳・文/伊勢田邦彦:口絵/霜野二一彦:挿絵※)/失われた世界※(コナン・ドイル原作/篠原雅之:訳・文/古賀亜十夫:口絵・挿絵) ※扉では「失われた大陸」と表記されている。 はじめに:田中西二郎 解説:田中西二郎/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:関英雄 ※「ソロモンの洞窟」さし絵・口絵/吉田郁也 「なお本編の口絵およびさし絵は、イギリスのマクドナルド版及びダントン版を参考にしました。」(142P) ※「シャーロック=ホームズの冒険」口絵/伊勢田邦彦, さし絵/霜野二一彦 「なお、本編のさし絵は、イギリスのスミス版及びロングマンズ・グリーン版を参考にしました。」(390P). (1)『レバノン極私戦』(ルポルタージュ 写真・広河隆一) 一九八四年九月二九日 河出書房新社刊 二一四頁 装幀・楠原理枝子 定価一四〇〇円 (2)『魂へのデッドヒート』(ノンフィクション) 一九八四年一一月 文藝春秋刊 (3)『世紀末通りの人びと』(ルポルタージュ) 一九八六年九月一〇日 毎日新聞社刊 三二六頁 カバー写真・岩宮武二 装幀・荒川じんぺい 定価一五〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (4)『地上の翼――香港―北京ラリー優勝記』(集英社文庫・オリジナル) 一九八七年六月二五日 集英社刊 カバー写真・尾関一 定価五六〇円 (5)『雨のボクシングジム』(ノンフィクション集) 一九八九年六月一日 東京書籍刊 装画・横山明 装幀・スタジオ・ギブ 定価一二〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (6)『雨のサーキット』(ノンフィクション集) 一九九三年一一月一日 東京書籍刊 装画・横山明 装幀・スタジオ・ギブ 定価一三〇〇円 巻末に「後記」を付す。 (7)『映画主義者 深作欣二』(ノンフィクション) 二〇〇三年七月三日 文春ネスコ刊 二六九頁 カバー写真・東映 装幀・坂川栄治+藤田知子 定価一八〇〇円+税 巻末に「深作欣二監督 劇場用映画全作品」を付す。 (8)『織田信長――「信長公記」紀行』(ノンフィクション) 二〇一〇年二月二〇日 勉誠出版刊 二五二頁 装幀・長谷川徹 定価二二〇〇円+税 巻末に「本能寺へ――後記にかえて」を付す。. ガリバー旅行記(スウィフト原作/上崎美恵子:訳・文/矢車涼:口絵・挿絵)※/ウェスト=ポーリー探検記(ハーディ原作/内野富男:訳・文/山中冬児:挿絵)/トム=ジョーンズ物語(フィールディング原作/伊藤佐喜雄:訳・文/吉田郁也:口絵・挿絵)/マザー・グース(内野富男:訳・文)/ロビンソン=クルーソー(デフォー原作/久保喬:訳・文/伊藤彦造:口絵・挿絵) はじめに:白川渥 解説:白川渥/表紙絵解説:伊藤廉/読書のてびき:滑川道夫 ※「ガリバー旅行記」 第一編:小人国の巻 第二編:巨人国の巻. 世界民話伝説集:関敬吾/編 ヨーロッパ編/エジプト・アフリカ編/アメリカ編/アジア編 イギリス: ・悪魔の目.

山下 明生∥作 杉浦 範茂∥絵: 偕成社: 1977: 魔法使いのチョコレート・ケーキ: マーガレット・マーヒー∥作 石井 桃子∥訳: 福音館書店: 1991: みどりいろの童話集 ラング世界童話全集1: アンドルー・ラング∥作: 偕成社: : ミリー・モリー・マンデーのおはなし. 『童話集「注文の多い料理店」を読む』 『童話集「注文の多い料理店」を読む』 D文学研究会 Jan-07 志村 裕子 宮沢賢治の短編童話作品における擬人化についての一考察 動物の擬人化を中心に 白百合女子大学児童文化研究センター研究論文集10. 「少年科学探偵団」 ・紅色ダイヤ ・暗夜の格闘 ・白痴の知恵 ・ほこりは語る 49. 作家として、同時に社会の変革を目指す運動家として、99歳までがんばり続けた松田解子の生涯と業績を顕彰する会として年7月発足した会です。松田さんが参加した東京電力不当差別撤廃闘争、石川播磨重工不当解雇事件、じん肺撤廃闘争などの中心的メンバーや、評論家、編集者. . 『ふるさとの偉人を訪ねる: 田原を築いた人々』田原市教育委員会、田原市教育委員会〈田原の文化財ガイド〉、年3月。 7. 青空文庫についてよくある質問集です。困ったことがあればまずご参照を。 登録全作家インデックス: 登録されているすべての作家について、作品の登録状況、進行状況を確認できます。 著作権が消滅した作家: 青空文庫への登録が可能な作家のリストです。.

現代童話Ⅴ 1991年 (福武文庫) アンソロジー 初出誌:「飛ぶ教室」1988年1月号(日本児童文学者協会) 27 チョコレートのおみやげ 「兵庫の童話」収載 (ふるさと童話館) みこおばさんは、ゆきのお母さんの妹。.

短編童話集『ふるさと』 - 杉浦淳

email: soqaq@gmail.com - phone:(280) 796-4953 x 7375

歌集・喜寿への軌跡 - 俵正市 - DVD付 パーフェクトガイド

-> 藤沢市 タウンマップ 神奈川県3
-> 鬼火;底のぬけた柄杓 - 吉屋信子

短編童話集『ふるさと』 - 杉浦淳 - 種衛生管理者 成美堂出版編集部


Sitemap 1

Python計算機科学新教本 新定番問題を解決する探索アルゴリズム、k平均法、ニューラルネットワーク - デイビッド コペック - 帝国議会貴族院議事速記録